肌荒れには食事と洗顔と睡眠とコラーゲン。

肌荒れには食事と洗顔と睡眠とコラーゲン。

ニキビ

ホルモンバランスが崩れがちな十代前半の時から、ニキビや毛穴の目立ちなどの肌荒れに悩まされてきました。

元来肌質には恵まれていませんでしたが、ニキビは通常二十代後半から落ち着いてくるものですが、その後もずっと治らず、常に毛穴は全開状態でした。

学生時代から遠距離通学通勤が続いていたため、常に睡眠不足、美容室にヘアカットに行くと、「忙しいですか…?」とよく言われていました。

鏡の前の私の顔は確かにボロボロで、開いた毛穴にファンデーションが埋まっており、まるでミカンの皮の表面のようなツブツブ状態でした。

毛穴がニキビでぶつぶつ

一度開いてしまった毛穴は元に戻らない、と本で読んだことがあったため、あきらめてクレンジングと寝る前の洗顔をしていましたが、たいして効き目はありませんでした。

ニキビや吹き出物に関しては、質の悪い油分を採った場合(特に夕方以降)や栄養過剰の時にぼこぼこ出ることに気が付いてからは、食事内容に気をつけるのが、比較的効果が合ったようです。しかし体質はそう簡単に変えられるわけではなく、ちょっとでも洗顔が浅く、肌に油分が残っていたりすると、そこにすぐ吹き出物ができてしまいます。

また、油分が顔につくとそれもまた吹き出物の原因となりました。少しアレルギー体質の様でもあります。

サプリメント

ところが、長年の無理がこたえたのか、退職後にリウマチになってしまい、寝込むながら必死の思いでコレーゲンなどを飲んでいたところ、ある日、美容院で、肌がきれいですね、と言われてびっくりしました。

これまで転職期間中など寝込むようなことが多かったのですが、肌の状態が良くなったのは初めてです。

では、コラーゲンだけが良いのか、というとそれだけではないようです。

先日、夜中に身内の急病があり、ドタバタした後に寝不足で出勤した日は、以前のようにボロッとしていました。もちろん毛穴もたった1日で、元のように全開になりかけています。

ストレスもあるでしょうが、これは睡眠だなあ、とつくづく思いました。肌荒れには、結局ありがちですが、食事+洗顔+睡眠+コラーゲンのようです。

ニキビカテゴリの最新記事