紫外線アレルギーによる肌荒れ

紫外線アレルギーによる肌荒れ

私の紫外線アレルギーによる肌荒れ体験

現在30代後半ですが、20代後半〜30代前半にかけて、紫外線アレルギーによる肌荒れに悩まされました。

発症は突然でした。仕事で終日外にいることがあり(普段はオフィスです)、お昼を過ぎた頃から、顔の皮膚が突っ張っていくような印象を感じました。

日焼けで肌が乾燥しているのだろう、そんな炎天下でもないのにな?くらいに軽く考えていましたが、帰宅してメイクを落としてびっくり。真っ赤になって、小さな水泡のようなものが大量にできていたのです。

その日は金曜だったのですが、あまりのショックに土日は出かけられず、ノーメークで過ごしました。赤みこそ引いたものの、日焼け後のように皮がぽろぽろむけ、月曜に出社すると驚かれました。

1週間後には通常の肌に戻ったので、ここ最近疲れていたからかな?などとその時は思っていたのですが、何度か同じことが起きるようになりました。

紫外線アレルギーで肌荒れになりました。

その時の条件は「日中外に出ていること」。病院に行っても、薬を処方されるだけで完治しないこともあることを知り、できるだけ紫外線を避けた生活を送るように心がけました。しかしこれが逆効果で、余計強く出てしまうようになってしまいました。

その頃、今の主人と出会い、一緒に暮らし始めたのですが、主人はエアコン嫌いの為、部屋ではほとんどエアコンをつけませんでした。当然ものすごい汗を掻くのですが、どうやらそれが良かったようなのです。夏を終える頃、あれ?今年はアレルギーが出ていないとふと気づきました。

思えば、エアコン大好きだった私は、汗などまともにかいたことがなく、体の中に不純物がたまっていた状態だったと思います。やはり、出すものは出すべきです!

あれからもう5年以上になりますが、アレルギーによるものはおろか、肌荒れはほとんど無いですよ。

体験談カテゴリの最新記事