肌荒れにはとにかく保湿が有効

肌荒れにはとにかく保湿が有効

肌荒れには無縁

独身時代は冬の乾燥ぐらいで肌荒れにはほぼ無縁でした。

結婚し、家事などで洗剤を頻繁に使うようになると、手荒れなどがひどくなってきました。あまり経験がなかったので、荒れても市販のクリームなど塗っていましたが、一向に良くならずついに亀裂が出来て出血するようになりました。

その頃は肌荒れに対する知識などなかったので、血がでたら絆創膏を貼り、そこがふやけてしまい剥がすとまた乾燥するの繰り返しでした。

また手荒れの部分がどんどん広がっていき、このままだと手全体に広がるんじゃないかと不安を覚え初めて肌荒れで皮膚科に行きました。

結果は主婦湿疹でした。

ハっと気が付く!

皮脂が必要以上に無くなってしまうのが原因だそうです。洗剤を使うのに洗剤用手袋を使えば良いとは思うのですが、手袋の中に水が入ったりとかお姑さんと一緒のキッチンではなかなか難しいものでした。

ステロイド剤と保湿クリームでよくなったり悪化したりを繰り返しました。

子どもが生まれると手荒れに拍車がかかり、ミルクが着いた服やウンチの着いたパンツなど強い石鹸で洗ったりしていたので、また子どもは風邪の時は吐いたりしますのでそれを洗ったり洗剤から手を守ることがなかなか出来ませんでした。

そんなときある皮膚科の先生に出会い、寝るときに肌荒れているところにラップを貼り薬を浸透させその上から手袋をして寝ると効果があると聞きました。また別の保湿クリームを貰い、それが私には合ったようです。

あとはこまめにクリーム、水を使ったらクリームを塗っていたら手荒れがぐんぐん改善しました。乾燥を放っておくと肌のバリア機能が下がりますますダメージが強くなりので早めのケアが大切みたいです。

乾燥肌カテゴリの最新記事