42歳から突然乾燥肌に!パックをやっても保湿クリームを使っても治らない。

42歳から突然乾燥肌に!パックをやっても保湿クリームを使っても治らない。

肌荒れには無縁

20代、30代位までは、多少夜更かししたり、冬の乾燥する季節でも少し丁寧にお手入れをすれば、すぐ肌荒れは落ち着いていました。

しかし、42歳この秋から突然肌がとても乾燥して、パックをやっても、保湿クリームを使っても乾燥からくる肌荒れは治りませんでした。

夜、お風呂上りにパックの後、化粧水→美容液→乳液→クリームをして寝ても、翌日肌が乾燥しているのです。

確かに、飲みに出る機会も多かったこと、ストレスもあったことも関係があると思います。
そんな時、免疫力も落ちていたせいか、風邪を引き一ヶ月位治りませんでした。

今までめったに風邪も引かず、多少肌のお手入れが適当でも肌荒れを起こすことが少なかった私は、しばらく家で静かに何日か過ごしました。

栄養のある食事を心がけ、夜丁寧にW洗顔をして、お風呂にゆっくり浸かり、少しゆっくりした生活を数日しました。

お肌のケアは日々の積み重ねが大事

そしたら、肌にうるおいと透明感が出てきました。
今回のことでとても感じたことは、若いころのように表だけのお手入れでは健やかな肌を保つことが出来ないと実感しました。

やはり、体を休ませるときも必要ですし、普段口にする食事が自分の体(肌)を作っていること、1日の中で少しの時間でも自分の肌を意識してお手入れを丁寧にすることの大切さを知りました。

今回私が行った肌を意識した丁寧なお手入れは、ただいつも使う化粧水や乳液等、適切な使用量を知り、自分の手でゆっくり肌をプレスしていきました。
少しづつ肌荒れが改善されてきました。

体験談カテゴリの最新記事