酵素が含まれる食品(食べ物)を効果的に摂取する方法

酵素が含まれる食品(食べ物)を効果的に摂取する方法

酵素は活性酸素などの有害物質を除去し、消化を助けてくれる効果があります。

美容面、健康面で注目されている酵素ですが、日ごろの食事から効果的に摂取するにはどのようにしたらよいのか分からないという意見をよく耳にします。

この記事で、酵素が豊富に含まれる食品(食べ物)と、効率的に摂取するポイントを紹介します。

酵素が豊富な食べ物(食品)

酵素を豊富に含む食品

私たちの体内には、基礎代謝などをサポートする「代謝酵素」と消化をサポートする「消化酵素」の2種類があり、これらを合わせて「潜在酵素」と呼びます。

酵素ジュース、酵素サプリメントなどは食物からとれる「食物酵素」を利用したもので、身近な食べ物にも含まれています。

食物酵素を豊富に含んでいる食べ物として代表的なのは、生の野菜やフルーツ、発酵食品です。多く含まれる野菜には、レタス、ニンジン、セロリ、キャベツ、トマト、きゅうり、大根などがあり、フルーツには、キウイ、アボカド、バナナ、リンゴなどがあります。

ちなみに、酵素の効果をしっかり得るには、ビタミンなどの「補酵素」と一緒に摂ることが大切です。ビタミンは、ミネラルが不足すると体内に吸収されませんので、酵素はビタミンとミネラルの2つと併せて摂ってこそ、最大限の効果を発揮するのです。野菜やフルーツにはビタミンやミネラルも豊富ですので、酵素のパワーを余すことなくとり入れられる食べ物と言えるでしょう。

酵素を上手にとり入れるための食べ方

酵素の効率的な取り方(食べ方)

野菜やフルーツに含まれている酵素は、熱に弱く、ちょっと加熱しただけでも破壊されてしまいます。そのため、生のまま丸ごと食べたり、生ジュースにしたり、すりおろして食べるのがおすすめです。ただし、押さえておきたいのは鮮度も大切だということ。ジュースをまとめて作って数回に分けて飲むのはおすすめしません。フレッシュな状態で摂ることを心がけてください。

また、冷たい生野菜やフルーツをたくさん摂取すると、冷えを招きやすくなるので注意が必要です。冷えは代謝を落とす原因となるので、食べ過ぎには気をつけましょう。何事も、極端な方法ややり過ぎは禁物です。

冷えが気になるときには、味噌や醤油、納豆、キムチ、漬け物、麹などの発酵食品を活用しましょう。これらの発酵食品にも、酵素は豊富に含まれています。温かい味噌汁を飲んだり、おかずに1品加えたり、調味料として使うなど、ちょっとした工夫で手軽に酵素をとり入れることができます。もっと手軽に摂りたい場合は、市販の酵素サプリメントや酵素ジュースなどを活用するのもひとつの方法です。ぜひ、試してみてください。

酵素カテゴリの最新記事