効果絶大!顔の肌荒れに効果的な3つの方法

効果絶大!顔の肌荒れに効果的な3つの方法

あなたの肌の悩みは何でしょうか?
肌荒れと答える人は少なくないでしょう。
肌荒れはシミやシワ、ニキビの原因になります。
乾燥する季節、知らないうちに肌を傷めているかもしれません。
肌荒れの原因は、生活の中で不足しているものを考えると、保湿、睡眠、運動です。
今回は、顔の肌荒れに効果的な3つの方法についてお話しします。

肌を乾燥させずに化粧水の上手につける

肌を乾燥させずに上手に化粧水をつける

化粧水は洗顔後の肌に、手で優しく、押さえつけるようにつけます。
手のひらに500円玉くらいをとって、軽く手を合わせて広げたら、頬を両手で包むように押さえます。
残った分があれば、顔全体などに少し伸ばして終了です。
肌の表面に水気が残っていても、そのままにします。
擦り込んだりすると摩擦で肌が痛みます。
そのまますぐに美容液などの次のステップに進みます。
「浸透するまで待ってから」という人がいますが、肌に残った水気は浸透しているのではなく、ほとんど蒸発しているのです。
蒸発する間に、肌のつるおいも奪われます。
洗顔後は、いくつかのアイテムをつけるのであれば、間髪いれずに次から次へと肌にのせていくようにします。

睡眠を大事にする

顔の肌荒れには睡眠が大事

肌の再生は睡眠中に行われます。
睡眠中は、脳の活動が低下、かわって体の中でさまざま代謝や修復が行われる時間です。
寝不足になると、ターンオーバーが十分に行われなくなります。
寝不足が続くと角質細胞がきれいに層状に並ばなくなるため、キメが乱れたりくすんだりします。
また角質細胞に大小不同が生じ、すき間ができるので肌のバリア機能が低下します。
寝不足と寝ためを繰り返す生活に慣れてしまい、当たり前のように思ってる人が多いようですが、慢性的睡眠不足は知らないうちにあなたの肌に悪影響を与えています。

運動で肌代謝をアップする

運動で肌代謝をアップする

運動すると成長ホルモン分泌が高まって肌代謝が上がり、また脂肪が燃焼しやすくなります。
運動はさらにセロトニン分泌も高め、精神が安定してイライラや不眠が解消されます。
運動というと、スポーツジムに通うことを考えて尻込みしてしまう人が多いですが、少しウォーキングをしてみるだけでも肌や体の調子はグンとかわってきます。
スニーカーを履いて、荷物を持たず少し早足で歩くことが基本です。
運動は代謝アップ、血行促進などさまざまな効果があり、ダイエットだけでなく肌にとっても不可欠なものです。
わずかな時間を見つけて毎日運動しましょう。

まとめ

肌荒れの原因はさまざまですが、肌荒れを解消するのはたっぷりの水分と規則正しい生活習慣のようです。
肌の乱れは生活の乱れ。
肌が荒れて調子が悪いときは、からだの中からきれいになることを心がけると肌をきれいに健康に保つことができるのです。

顔の肌荒れカテゴリの最新記事